即戦力として期待される

多種多様な経験を積んだ30代でしたら、企業への要求も増えていくものです。そのようなわけで、現在、勤務している企業に不満を持ち、よりよい待遇で転職したいと考える方も、おられることと思います。

たとえば、営業職でしたら、現状の年収などに不満があるのでしたら、転職によってそれが改善されやすいので、転職を考慮に入れるかたも多いです。
30代でしたら、すでに数多くの経験を積んでいるので、営業職への転職の場合は、即戦力として期待されることでしょう。

特に同業他社への転職の場合は、即戦力であるだけではなく、若手社員への教育についても期待されることと思います。
これまで素晴らしい実績を残していて、過去に充分な人脈を築いていれば、よりよい年収で転職することも充分に考えられるでしょうから、転職を考えてもよいことと思います。

また、異業種へ転職する場合でも、これまでに鍛えてきた営業の能力を、転職希望の企業にアピールすれば、なんとか転職出来るようですから、異業種への転職を考慮に入れてもよいことでしょう。

営業職は自社が取り扱う商品を、顧客企業にどのように魅力的に考えてもらえるかということが大切な仕事です。これは転職における面接でも同様で、自分という商品を転職希望の企業に、どう売り込むかが大事になります。

これまで営業の仕事で鍛えてきた能力が、転職のための面接の場でも、活かせるというわけです。


ですから、商品である自分の技術や経験を分析し、転職希望の企業の要求を徹底して研究することで、企業が求める要素に自分が合致すると面接の場で説明していくことで、充分に面接で採用されることでしょう。
過去の営業職での経験が問われる最初の関門が、面接を受けるということですし、その面接での回答の仕方によって、企業側も営業力を把握しようとするでしょうが、これまで鍛えてきた実力を発揮すれば、大して問題もないことでしょう。30代での転職でしたら、よりよい待遇での転職が可能ですので、経験を活かして挑戦してみましょう。