即戦力として期待される

スキルアップや給料アップ、もっと自分のやりたいことをやりたいということで転職を考える人が沢山います。30代ともなると仕事にも慣れ昇進をして、より責務の重い仕事を任され責任を大きくもつようになります。

特に営業職となると、売り上げ実績が数字に出てきますのでもっと会社のために売り上げを上げていこうと考えますが、残念ながら今の職場ではどんなに実績を上げてもあまり評価されないということで、より待遇のよい企業への転職を考える人もいます。

また、場合によっては他社からの引き抜きがありそれに伴い転職をする方もいます。営業職で培ってきた実務経験だけでなく、業務知識や人間関係やコミュニケーション力などを活かしていけば採用面接の際大きなアピールになります。履歴書や職務経歴書には実績をアピールして、面接ではどのようにして目標を達成したのかという過程をアピール出来ます。また、営業トークで培ってきたコミュニケーション力、人の話を聞く力、自分をアピールする力を発揮すればより採用担当者に注目されます。面接では、主にコミュニケーション力が問われることが多いため絶好のアピールポイントとなります。

30代ともなるとある程度の知識や技能、ビジネスマンとしてのスキルを持っていると採用担当者は考えますので私を採用すれば即戦力として貢献できますということをアピールしておけばなお良いです。多少うまく喋ることが出来なくてもしっかりと自分のセールスポイントや強み、自己PRをすれば採用担当の人も採用しようという気になるはずです。何も難しい言葉で話したり、自分を大きく見せようと誇張したりする必要はありません。採用すればこれだけのメリットがありますよというのをしっかりとアピールしておくことが大事です。お客様との商談の際、緊張することもあれば失敗したこともあったはずです。しかし、その失敗談も失敗してこそ学んだこともあるはずですので、そこから学んだこともアピールすれば採用へより近くなるはずです。